(前回の続きは、次回にさせて頂きます。)

現在花王株式会社が買収した化学会社が製造をしているAmbroxanという、非常に高価ながら人気の高い合成香料と、フィルメニッヒ/Firmenichの製造するAmbrox (Ambrox DL)という、名前だけでなく香りもAmbroxanと非常に似た香料があります。素人の鼻には多分このふたつの香料の区別はつかないでしょうが、幾人かのパフューマー(調香師)に意見を聞いてみたところ、皆口を揃えてAmbroxanの方が遥かに優れているという答えが返ってきました。しかしながら、Ambroxがあのジャック キャバリエ/Jacques Cavallierの大のお気に入りの香料であり、彼の作品に頻繁に使われるという事を聞いているものですから、Ambroxanの方が優れているのだという他のパフューマー(調香師)達の意見を鵜呑みにしてしまう前に、一度自分の鼻で比較してみることにしました。

比べた結果、ふたつは非常に似た香りなのですが、全く逆の印象を受けるというのが私の感想です。Ambroxanというのは、非常にパワフルでクリーンな香りなのですが、どこか品に欠けてチープな感じが残るのが気になって仕方がありません。それに対しAmbroxは、他のフィルメニッヒ製の香料にしばしば見られる、エレガントで格調の高い印象がどこからとなく漂います。普段は難しい化学の話には一切興味が無いのですが、こうなってくるとはっきりとした違いを知らずにはおられませんので、パフューマー(調香師)達の中でも特に化学に強いクリストフ ロダミエル/Christophe Laudamielに説明をしてもらうことにしました。

続く。。。