GuerlainのMitsoukoに魅せられ調香師を志し、一流の調香師になった後も取り憑かれたように、世に知られることのない自分だけのMitsoukoを作り続けた。彼のメモリアルとして、Laurent Bruyere’s Mitsoukoを、IFFとともに発表することを考えている。