「男は汗臭いのが一番、コロンなんか付けてるようじゃダメだね。」

二年前に『夏に一番の香水は?』という特集インタヴューを受けた時に、このようなコメントをして顰蹙を買ったことがある。この気持ちは、今でも基本的には変わっていないと思いたい… と、少し躊躇するような言い方になってしまうのには理由がある。先日御報告したが、この夏は、オリヴィエ・ポルジュの『ラノニム』(我が社の久々の新作)を毎日のように試着している。どことなく暖かい感じがある香りなので、夏向きというような具合に季節の限定されるタイプの香水ではないのだが、異常に蒸し暑い今年のニューヨークの夏に於いても、とても快適な香りなのが嬉しい。そう言えば、乾燥していたけど猛暑だった七月のローマで、この香りに惚れてしまったのだったけか… 以前に「世界香水ガイド」の著者ルカ・トゥリン博士が、『エスパフュームは、車の世界に喩えるなら、オートショーで目にするようなバリバリのコンセプトカーのようなブランドだ。』と述べたことがある。全くその通りである。エスパフュームでは、使い手のことは余り考えず、「未来」だけを見据えてきたが、今回は消費者のことを一生懸命考えている。新作『ラノニム』は、過去のエスパフュームのシリーズからは切り離された、私にとっての初めての『商品』になるだろう。

バリ島でのヴァケーションから戻ってきた親友が、先週末遊びに来た。元々はフィルメニッヒのエバリュエーターだった女性だが、現在はロレアルが抱える香水ブランド(サンローラン、アルマーニなど)の開発に関わっている。親友である彼女とは、日頃アートの話をすることはあっても、香水の話になることはまず無い。それが、先日はうちに来るなり、”Nobi, what are you wearing? You smell DIVINE!” と言い、私が何を付けているのかに興味津々だった。その前日まで、微かにあった疑問が、それでスッカリ吹き飛んだ。香水の世界に於いて、斬新だとか、最先端というコンセプトで香りを創ることに於いては誰にも負けない自信があるし、ドミニク・ロピオンのような調香師達だけではなく、フレデリック・マルやマイケル・エドワーズのような専門筋の間でもこのことを認めてくれる方々が多い。ところが、普通なんだけど抜群に良いものというコンセプトには、今まで縁が無かったわけだ。今回は、オリヴィエ・ポルジュのお陰で『普通だけど凄い』ということに、思い切り開眼することができ大感謝。もともとは、あのシャネルのジャック・ポルジュの息子で将来シャネルを継ぐ可能性大という不純な動機から興味を持ったのだが、2年前にケンゾーパワーに惚れ、折あらば… と、いう感じでいた。今回、この『ラノニム』の香りにすっかりやられてしまい、自分でも結構驚いている。奥が深いとは正にこのことだ。

この『ラノニム』、お値段の方は、12ドルぐらいに収まるよういろいろな面での検討をしている。オリヴィエ・ポルジュの抜群に素晴らしい香りがたったの12ドル、この部分だけは斬新で未来的かな? どちらかと言えば男性的な香りだという意見が周りであるが、個人的には、この香りは女性が着けるからかっこいいと思う。ちょうど、どことなくフェミニンなケンゾーパワーの好対照だ。内容成分はユニセックス用の香水として世界各国の安全基準に沿うようなものになっている。