今日は、パリからニューヨークに舞い戻って来た調香師ブルーノ・ジョヴァノヴィックが、ボーイフレンドを連れて遊びに来た。ブルーノ・ジョヴァノヴィックは、七月生まれの蟹座でアセンダントが獅子座という点がゲランの調香師ティエリー・ワッサーと同じ。会社の為だけではなく調香師としてのキャリアの上でも非常に重要なプロジェクトであったとしても、クライアントのアイデアや姿勢に興味が持てないとあっさりとそれを無視する点がフィルメニッヒ在籍当時のワッサーに似ている。ちょっと怠け者に思えてしまうぐらいに、のんびりとしたマイペースな点もワッサーにそっくり。以前にこのブログでも大いに自慢をさせてもらったが、香水業界でティエリー・ワッサーがゲランの調香師になる可能性を、その実現の何年も前から語っていたのは私だけだった。現在の香水業界で若い調香師の才能を見抜く実力においてうちの連れ合いの右に出るものはいないようだが、ティエリー・ワッサーが将来ゲランを仕切る可能性については私と意見が合わなかったのを覚えている。そんなことから、ワッサーがゲランの調香師に決定する半年前に連れ合いが、「あなたの予言していた事、本当になりそうよ!」と興奮して知らせてきた時には、どうだ、参ったか!という嬉しい気分を味わった。その連れ合いに、「もしゲランやエルメスのようなフレグランスハウスを持たされた場合に、世界中のどの調香師でも専属調香師として迎えられるとしたら誰を選ぶ?」という質問をすれば、躊躇無く『ブルーノ・ジョヴァノヴィック』という答えが返ってくるだろう。いつの日か彼が、ジャンパトゥかエルメスを背負ったとしても少しも不思議はないかもしれない、と、私も思う。長身だがどことなく東洋的な容貌のジョヴァノヴィックは、昔から日本に強く興味を持っていて、とても日本に行くことを楽しみにしているそうだ。そんなジョヴァノヴィックの、もの静かだが、強く人を引きつける魅力が伝わってくるポートレートがあるので御覧あれ。この写真は、旧くからの友人である渡邉肇氏が撮影したことも付け加えておこう。