Sacré Nobi

Sacré Nobi has 597 articles published.

#house#1.130 by Estudio Entresitio

Off

via thecoolist.com
 

A grand, contemporary home has been built into a long, narrow plot in Madrid, Spain. The Green Roofed Labyrinth House by Estudio Entresitio, known officially as “# House # 1.130″, spans over 5,400 square feet of living space throughout stacked, terraced and green-roofed spaces. Its language is one of variance, where each space has its own unique appeal and constructive layout. It is a home created for a large family and their guests, one that stands out as a modern masterwork in urban environment of Madrid.
Read the rest of this article @ TheCoolist »
 
Take a tour of the house @ Roland Halbe Architectural Photography »

 

オリヴィエ・ポルジュ : シャネル新専属調香師

OLIVIER POLGE

via International Flavors & Fragrances | Photo © Hajime Watanabe
olfactory artolfactory artolfactory artolfactory art
 
数年前、オリヴィエ・ポルジュがいずれ父の後を継いでシャネルの専属調香師になる可能性を仄めかしたが(記事参照)、その時はそうなったとしても10年先のことだろうと思っていた。先日7月5日にシャネルは、オリヴィエ・ポルジュを次期専属調香師として迎えることを発表した。話し合いから発表までに要した時間が3週間という驚くべき早さに、シャネルの機密保持への周到な配慮を伺うことができる。若干38歳にしてシャネルの看板を背負うに充分な力量と才能を持った調香師であることは疑いもないが、まだ5年ぐらいはIFFにいるだろうと思っていたから思わぬ早さの就任である。

シャネルがどのようなオリヴィエ・ポルジュの公式ポートレートを用意するのかが楽しみであるが、このオリヴィエ・ポルジュの写真は、フォトグラファーの渡邉肇氏(ホームページ)が7年前に撮影したものだ。写真が苦手なオリヴィエ・ポルジュが唯一気に入っているものであるらしい。以下は、この写真に関するオリヴィエ・ポルジュのコメントである。

I never like photographs of myself. They are often a bit too “cosmetic.” It feels like someone is trying to make me look like a movie star, and I am afraid I can’t live up to that. There’s nothing artificial about this one though, so that’s good. I look a bit serious, don’t I? I get tired of seeing people smiling all the time in photographs… If I had been able to choose, I would have stood further away from the camera, not right in front of it, with my hand in front so that I fade into the background…
olfactory artolfactory artolfactory artolfactory art

Pelo House

via ma-style.jp | Photo © Kai Nakamura
 
In case you wonder where the name of the house comes from, “pelo” is a mimetic word for peeling something. It’s all in the details.
Continue Reading

11 Years

via Shaping Room | Photo by Hajime Watanabe
 
 
今日は、初代エスパフュームが誕生してから11年。(イメージをクリックすると11年前のサイトへ...)

Today marks the 11th anniversary since the first S-Perfume® was launched in 2000 (eleven in Japanese implies ‘samurai’ and is my favorite number). Forgive this rather personal post, but I wanted to share the first S-Perfume website with our readers. Click the image!

Bold Choices


 

“All choices lead you somewhere. Bold choices take you where you’re supposed to be.”

A brilliant commercial film for Jim Beam created by StrawberryFrog (directed by Dante Ariola), which features my favorite actor. A short interview of Willem Dafoe and shooting scenes can be seen at AskMen.

嗅覚は芸術になりうるか ー 否

一昨日、久しぶりにチャンドラー・バールからのメッセージが留守録に残っていた。
面倒なので放っておいたら、翌朝メールがふたつ。案の定、頼み事だ。

そんなことがあって、香水や調香師に関する投稿を随分としていなぁと思ったので、ちょっとだけ...

チャンドラー・バールといえば、ルカ・トゥリンを有名にした「匂いの帝王」を出版後、昨年までニューヨークタイムズの香水評論家として定期的に香水や業界に関する記事を書いてきた。
世界で初めての香水評論家になるという話が決まった時も、『実は話しておきたい事があるけど...』といって電話がかかってきたのを覚えている。
香水評論家なんて世の中は必要としていないよぉなんてことも言えないし、『いいじゃないの!』ぐらいの白々しいことしか言わなかったように記憶している。
評論家先生の仕事は数年続いたらいい方だろうと思っていたら、昨年末コロンバスサークルにあるアートとデザインの美術館に新設された世界で初めての嗅覚芸術センターのディレクターに就任した。上手な転身だ。

嗅覚が芸術として成り立つか? 答えは『否』。今度の新しい肩書きは、十年も持てば大成功と言えるだろう。そうは言いつつも、友達として一肌脱ごうじゃないかという気持ちではいる。