Architecture - Page 6

Appartement rue de Rivoli

Off

via Yatzer™ | photo © Olivier Löser
Pantone Cosmetics

Isabelle Stanislas and Leiko Oshima, aka SO-AN is an architecture & interior design studio with a strong identity. In looking at their projects, there is a mutual language of elegance, contemporary living, revival, grandness and black & white contrasts. This signature design is successfully apparent in the transformation of an XVIIIth century Louvre facing building, from an office space, into a glamorous art loving residence.
Enjoy the tour of the apartment @ Yatzer™ »

 

The Wythe Hotel

Off

via Yatzer™ | photo © The Wythe Hotel
Marfa Parfums

The Wythe Hotel’s location is nothing short of outstanding in the heart of Brooklyn, standing proud on the Williamsburg waterfront. Built in 1901, this former textile factory has been meticulously converted into a 72-room, 8 storey hotel offering service and amenities at a level yet to be seen in this trendy New York borough. A few decades ago Manhattenites, pushed out by increasing property prices, started migrating over to Brooklyn, eventually followed by hipsters, eventually settling in Williamsburg. This area’s seen quite an evolution which inevitably meant a level of gentrification. Gentrification provokes mixed opinions but in one the world’s most recognisable and fashionable cities it’s inevitable and Brooklyn still holds onto a lot of its gritty history, tightly in its rough palm.
Enjoy the tour of the Wythe Hotel @ Yatzer™ »

 

House in Kitasando: specs

Who: LEVEL Architects
What: Single family residence (2 adults)
Where: Shibuya-ku, Tokyo
When: December 2011
How: Three-story reinforced concrete and wood frame construction
Site Area: 947 square feet (87.98m²)
Construction Area: 563 square feet (52.32m²)
Total Floor Area: 1,606 square feet (149.16m²)
 
Sorry for not translating the below text from the architects. With some imagination and Google Translate, you probably will be able to get by.

渋谷区の閑静な住宅街に夫婦二人だけの住宅の計画です。スケートボードバンクとピアノ室を取り入れた特殊な住宅となっています。

今回の計画は駐車場がいらないため、その分気持ちの良いプライバシーの守られた庭をエントランスヤードとして用意しました。このエントランスヤードはフルオープンサッシを開け放すことで、外部のアトリエとしても使用出来ます。ご要望のスケートボードのバンクは2辺の勾配が異なり、様々な遊び方が出来る様になっています。

アトリエの奥に設置したピアノ室はアトリエより600程度高くフロアレベルを設定してあります。これは普段は防音室としながらも、フルオープンの扉を開け放つと、そこはステージとなり、練習する空間とは全く異なる空間に変化となります。ステージがアトリエ空間と一体となり、スケートボードバンクは客席にかわり、空間に多様性を与えます。

リビングとダイニングも同様にスキップの構成となっており、天井高や素材の変化で空間を緩やかに分節しています。建物を貫くまわり階段の上部にはトップライトを用意し、北側に配置された室にも充分な光が届く設計となっています。

最上階はプライバシー重視の寝室となっています。素材もモルタルから漆喰へと大きく変化させ、精神的な切り替えの仕掛けとしています。バルコニーは道路側に設けるのではなく、真ん中に中庭タイプのテラスを用意しました。主寝室と浴室との間に配置しましたので、バスコートとしても利用出来ます。

幾重にもズレながら重なるフロアが、空間を曖昧に分節し、また緩やかに連続させています。このズレが視線を奥まで通し、更なる奥行きを出し、空間に広がりを持たせます。また素材も古いフローリングと新しいフローリングを混在させ、ぶつけ合いながら使用しています。空間構成だけではなく、各素材が領域をはみ出す事で空間の連続性を強調させています。