Art - Page 7

Chanel Mobile Art opens in Tokyo

Chanel Mobile Art Pavilion

I went to see the Chanel Mobile Art Pavillion, which just opened in Tokyo on Saturday. I have to say it’s a strange architecture, but it actually fits nicely in a lot next to the Yoyogi National Stadium designed by Kenzo Tange, Japan’s foremost postwar architect, and constructed for the Olympic Games of 1964. Continue Reading

Dying Culture

The primal instinct of savagery that exists within all human sometimes gave birth to an amazing form of art.. but I guess not any more.

Nobuyoshi Araki @Jablonka Gallery, Berlin

アラーキーこと荒木経惟の、ベルリンでの展覧会の模様を撮ったフィルム。会場には、モノクロの「緊縛」シリーズからの100点が展示された。昔から思うのだが、写真家というのには二つタイプがあって、えらく匂いがしてきそうな写真を撮る写真家と、無臭性の写真をとるタイプに分かれるような気がする。荒木経惟の場合は前者で、日本という国のある一面の体臭みたいなものを非常にうまく捉える写真家だと、常々関心させられる。ちょうど、日本社会の雌しべの部分をヘッドスペース分析 (Headspace analysis) して、写真で再表現したような…

Perfumers and Model in the Studio



There is a famous woodcut by Dürer called “Artist and Model in the Studio.”

I am working on a series of prints portraying the relationship between perfumers and a skin model which will be a part of my new project.

*****

香水というのは、ブロターという紙に吹き付けた場合と、人の肌に吹き付けた場合の両方を確かめながら作っていきます。この写真は、スキンモデル(その妖しげな響きが何とも言えません)を使ってパフューマー(調香師)達が試験作を比べているところです。比率的に男性のパフューマー(調香師)の方が多い為でしょうか、スキンモデルに選ばれるのは美人が多いようです。