WWDIS Blog - Page 28

OSB/Plywood Chairs by ROLU Studio

 

How do you talk about furniture? Gosh, we don’t really know. We asked ourselves, “How did all this come about?” but wow, that’s a pretty long and complicated story. We decided we wanted to describe these pieces as “field recordings” made of wood. While discussing what that might mean, we became interested in a term: “found design.” We all know what “found art” is (or isn’t?) What could “found design” be? Here is some found text via Google translations of Casa Brutus and Waterfall Magazine, two of our favorite Japanese publications, to help us all understand:

“Creating an ideal space. More freedom! And full of character evolution. Treasure from the basics too late to listen to people. Always present is a moral geometry. Like a record heat wave that comes barely softened. Let’s start preparing for the fall of art!”

You’ll find that each piece has a partial “found text” explanation for it. We swear they are more accurate than what we could ever say about them.

That said, we hope you like our simple plywood and OSB furniture. It was inspired by 70s DIY books, the ideas proposed in Enzo Mari’s Autoprogettazione project, Judd, Reitveld, Burton and Schindler. We’d love to hear what you think.
And please, buy some!

ROLU, rosenlof/lucas, ro/lu

 
Continue Reading

The Story of Eames Furniture

Author: Marilyn Neuhart with John Neuhart
European Release: September 20
International Release: September 27
Price: € 150,00 / $ 199,00 / £ 140,00
Format: 25.5 x 29.2
Features: 800 pages, full cover, hardcover, 2 volumes in slipcase
ISBN: 978-3-89955-230-0

» PREVIEW THE BOOK HERE

MOOOI showroom in London

Design brand Moooi, defined by its CEO and Cofounder, Casper Vissers as ‘a serious company with a smile’ has opened the doors of its first permanent showroom & UK headquarters in London at Portobello Dock.

After opening showrooms in Antwerp and Milan earlier in the year the Moooi crew have now sailed to the UK, one of the company’s leading markets, a timely arrival to coincide with the capital’s celebrations for the London Design Festival …read the rest of this article »

Portrait of Shingo Francis, Casa del Mar, Santa Monica, California


Photo © Kóan Jeff Baysa
 
Born to an American impressionist painter father and a Japanese contemporary filmmaker mother, Shingo has established himself as a global artist achieving special recognition at ARCO in Spain, among other places, and through notable exhibitions in Japan and in the U.S.

His opening at the 5 Star Hotel Casa del Mar, was well-attended by friends of Shingo and friends of his parents, spanning generations. Along with another artist, Felicia, who created a wonderful image incorporating an existing mirror, Shingo floated painted paper spheres above the expansive lounge, mounted translucent colored spheres in windows, and installed colored hula hoop sculptures in the beach sand in front of the hotel. He also showed framed works hung on walls throughout the hotel’s main areas.

LA Nighttime drive by


Photo © Kóan Jeff Baysa
 
Nighttime shot of the famed LA service station from the sunroof of a vintage BMW 2002. NB: this is now an ARCO station.

GOODBYE AND . . . HELLO!

[goodbye] You have probably noticed by now that there are less posts on Japanese architectures lately. Gero who had posted about residential architecture in Japan by emerging architects left the blog over the summer to focus on his new career. Good luck to his new endeavor!

[hello] A few day ago, there was a post by my good friend with his ‘drive-by shooting’ photo in LA. Physician/curator Kóan Jeff Baysa (a.k.a. docsensei) is joining the blog to share his views on art, medicine, technology, architecture, fashion, design, cuisine, and scent.

Dr. Kóan Jeff Baysa is a physician, curator, designer, writer, Whitney Museum ISP Curatorial Fellow alumnus, and a member of AICA, the association of international art critics. He has curated exhibitions internationally as well as for the Whitney Museum, Canon Corporation, and the United Nations. On the boards of The Vera List Center for Art and Politics at The New School University and the Omi International Arts Center, he has presented lectures at the MoMA, Whitney Museum, NextMed, the Phillips Collection and the Krasnow Institute for Advanced Study. He received a Ford Foundation grant to lecture at the Hanoi University of Culture and is the Chair of the Advisory Board for Collectrium, a tech company creating beautiful technology for the art world. Born and raised in Hawaii and completing his medical education as a fellow at UCSF, Dr. Baysa has segued from a clinical practice in allergy and clinical immunology to clinical research investigating neuroplasticity, olfactory stimuli, and memory disorders. His medical and curatorial practices bring the cultures of science, design, technology, and art together.

Welcome aboard, docsensei!

お気付きになられた方もいると思うが、ブログパートナーであったGero氏が、突然にこのブログを去ってしまった。この二年は、Gero氏の投稿のお陰でこのブログが続いてきたようなものだ。ブログの今後を心配していたところ、強力な助っ人が登場した。ニューヨークとロスを拠点にし、キューレーターとして世界中を飛び回っているコーアン(公安)・ジェフ・ベイサ氏を、この度このブログに迎えることができた。ベイサ氏は医学博士という、キューレーターとしては非常に変わったバックグラウンドを持ち、アートだけでなく、デザイン、料理、匂いなどあらゆる方面での評論活動も展開されている。これから、このブログで何をしてくれるのか想像するとワクワクしてくる。ウェルカム、ドクター・ベイサ!

Gas Station Architecture


Photo © Kóan Jeff Baysa
 
Helios House BP was designed by Office dA in Boston and is located at the intersection of Robertson and Olympic boulevards in Los Angeles. This is hailed as the first environmentally-conscious gas station. With solar panels and a water catchment system, it was awarded LEED certification!

nom

このブログの香水に関する投稿を御覧になる方で、Perfumery Hiro(パフューマリーヒロ)という香水の情報サイトをご存知の方もいっらしゃるかと思う。この Perfumery Hiroサイトのタイトルにも唱ってあるように、かなりマニアックな情報が多いのに驚かされる。香水文化がなかなか育たない日本において、このようなサイトがあるということは嬉しい限りだ。実は、最近ひょんなことから Perfumery Hiroサイトにおいて、知り合いの調香師の名前が実際と違うサウンドの仮名表記になっていることに気が付いて連絡を差し上げようと思ったところ、フォームメールがすぐに見つけられなかったので(最近老眼の進行が著しく、細かいものを探す忍耐力に乏しい)、失礼は承知の上で当ブログに於いてリンク付きで訂正し、トラックバックによって気が付いていただけることを期待申し上げた。幸いお気付きになり、訂正までして頂けたことに大感謝! 

僭越な行為であることは承知の上、敢えてこのようにリンク/トラックバックまでして、メッセージを送ることを試みた理由を簡単に申し上げると、日本において今までに知られていない海外の人名が仮名に置き換えられる場合は、すでにカタカナになっている同じスペリングの名前と照らし合わせた推測の結果がメディアに登場することが多い。実際に本国でどのように呼ばれているかを、日本人の耳で聞いた上でカタカナに置き換えるなどということは甚だ困難である。今回の例となった調香師 Bruno Jovanovicも、確かに日本では、ブルーノ・ヨヴァノヴィッチとなるのが普通のような気がしなくもない。しかし、これから日本でも少しづつ名前が知られてくる調香師なので、できるだけ本当のサウンドに近いものが定着していって欲しいということで、今回は Perfumery Hiroさんの御協力を頂けたことを大変に有り難く思う次第である。調香師ブルーノ・ジョヴァノヴィックは、両親がユーゴスラビアからフランスに移住後にパリで生まれた。多分両親は、祖国で「ヨヴァノヴィッチ」と呼ばれていたのだろう。ブルーノは、パリのゲットーでジョヴァノヴィックとして育ち、現在住んでいるニューヨークでもジョヴァノヴィックと呼ばれている。

アメリカの女優スカーレット・ヨハンソンですら、本当のサウンドの『ジョハンスン』でなく、今までそう呼ばれたことのないヨハンソンというサウンドになってしまうという不思議な日本だから、誰の名前であろうと外国人の名前は日本流の呼び方で良いのだと思われる方もいるかもしれないが、名前が正しい漢字で表記されなかったり、正しい読み方をされないとと怒る方が多いことからもわかるように、本来我々日本人は名前に関して非常にセンシティブなはずだ。そのようなことから、まだこれから日本での呼び方が定着していくという段階の外国人の名前に関しては、特に注意を払っていくようにしたいと思っている。折角の機会なので、本来のサウンドからかなり懸け離れたカタカナ表記が定着してしまった「運の悪い」調香師を二名挙げてみる。

Laurent Bruyere = ローラン ブリュイエール(本来の音に近いのは、ロホン ブイエー)
Francis Kurkdjian = フランシス クルクジャン(本来の音に近いのは、フホンシス キヨージョン)

スペリングが Francis となっている名前を英語式のフランシスではなく、フホンシスというようにフランス語の発音に最も近いサウンドにカタカナにした前例は無いから、そこまでの無理をする必要もないだろうが、フランス人の口から『ロホン』と聞こえてくるものがローランとなってしまうのには、あまりに英語風で抵抗がある。名前の呼び方というのは、実に難しいものだ。

最後に余談になるが、この Perfumery Hiroを運営されているのは、懐かしのアメ横で香水のお店を経営されている方のようだ。今度日本へ行く機会がある折は、卒業して以来四半世紀の間一度も訪れたことがなかった母校東京芸大を覗いてみて、その足でアメ横へ行ってみることにしたい。