WWDIS Blog - Page 51

Junquillos Chapel by Claudio Baladron & Diego Grass

 

There are oaks, wind and rain coming from the west. A dusty road is at the east.

Community soccer field is south; bamboo and empty beer cans all over the north.

Now there is also a wooden barn structure over a concrete platform,

with corrugated metal cladding in the outside and pine boards in the inside,

plus 100 chairs, lectern, altar, virgin figure and a cross.

Mass is once a month, community activities every evening. Both happen in the same space.

A new chapel for 100 people in the remote countryside of Southern Chile.

 
Continue Reading

From the South of Chile

「ローズ・ガーデン」や「リンズギャラリー」も含め、安藤忠雄の初期の作品の中には、今でも大好きなものが多いのだが、「光の教会」は好きになることができなかった。数年前に『光の教会―安藤忠雄の現場』を読む機会があった。安藤氏の声や口調がそのまま聞こえてくるようで多いに楽しみながら読めたし、氏の建築への取り組み方が懐かしくも思えたが、本の題材となった「光の教会」は相変わらず好きになれない。

一言で言うと、十字架が滑稽なくらい露骨なのだ。安藤氏は、他にも十字架の引っ付いた作品をその後設計されているようだが、どれも良くなさそうだ。ま、これは、外国人に良い日本の寺が建てられるわけがない、というようなことと同じレベルの無責任な話なので、ここで止めておくことにする。

さて、チリの建築家が、こんな教会を紹介してくれた。送られてきた数枚の写真と資料を見て、すっかり気に入ってしまった。機会があれば、ここでミサにあずかりたいものだ。

明日は、この教会の写真などを御紹介する。

Aerial View of F-White House


Photo © Atsushi Akimoto
 
This is an aerial image of a house designed by a young, up and coming architect in Japan. The image was taken by a company specializing in aerial photography. I wonder how much artistic intention was put into photographing this house from the sky, but the subject makes it something worth of being hung on the wall of a gallery or museum (of course, in my opinion).

I have a few large Cibachrome art prints mounted on aluminum but have been looking for a few more to put up on the walls of our old Victorian style home (with a ridiculous amount of original features). This definitely will be one of them.

We are going to show you this house thoroughly in a few part post series beginning next week. Don’t miss it!

*****

山本卓郎氏設計の家の空撮写真。このイメージは、あらゆる意味で龍安寺の石庭とは全く異なるものなのだが、ずっと眺めていたいと思わせる点において似通っているものがある。その上、白い四角の周囲のディーテールがたまらない…瓦屋根、隣家の植え込み、マンホール、物干竿に吊るされた洗濯物。上から見た姿が、これほど美しい家というのも珍しい。