- Page 90

our profession is based on the notion of secrecy

調香師ティエリー・ワッサー香りのコフレ/Thierry Wasser’s coffret

調香師ティエリー・ワッサー(Thierry Wasser)のゲラン(Guerlain)専属調香師への就任が、予想以上に早く発表されました。楽しみです。これを記念し、今までにティエリー・ワッサーが、私のアートプロジェクトの為に手がけたいくつかの香りをセットにした、香水コフレでも作ろうかと考えています。佐賀町エキジビットスペースに於いて、ふんだんに散布したシュガーマウンテンはもちろんのこと、「恐怖の壁」という名前の香りやら、男前な彼の自画像として創らせた香りなど一風変わったものばかりですが、私が何故ティエリー・ワッサーの才能を確信したかということが充分に理解できるものばかりだと思います。御関心のある方は、japanあっとs-perfumeどっとこむまで、メールでお問い合わせください。

(ピンぼけしていますが、懐かしい写真です。5、6年前でしょうか… ティエリー・ワッサーが、まだニューヨークにいた頃のものです。)

Nobuyoshi Araki @Jablonka Gallery, Berlin

アラーキーこと荒木経惟の、ベルリンでの展覧会の模様を撮ったフィルム。会場には、モノクロの「緊縛」シリーズからの100点が展示された。昔から思うのだが、写真家というのには二つタイプがあって、えらく匂いがしてきそうな写真を撮る写真家と、無臭性の写真をとるタイプに分かれるような気がする。荒木経惟の場合は前者で、日本という国のある一面の体臭みたいなものを非常にうまく捉える写真家だと、常々関心させられる。ちょうど、日本社会の雌しべの部分をヘッドスペース分析 (Headspace analysis) して、写真で再表現したような…

Perfumers(調香師の仲間達)

私の様々なプロジェクトに参画してくれた香水調香師達(ファインフレグランス パフューマー)の中で、特にお気に入りの6人の調香師達それぞれについて、個人的な感想を求められたことがありました。今日ちょうど2年振りにその記事を目にしたので、改めて読み返してみたところ、割と的を射たことを言っているなと、ひとりで笑ってしまいました。英語ですが、辞書を使ったりオンラインの機械翻訳を使って読んでみてください。世界を舞台にして香水を作っていきたいという方。。。これからまだ暫くは、本場の香水業界の仕事に関わる為には、英語とフランス語が中心に物事が進んでいく環境に身を投じなければならない、という事は覚悟しておいた方が良いでしょう。

*****

Exactly two years ago, I was asked by someone to describe each perfumer I had worked with. Have my views changed in two years? Not really.

ソフィア・グロスマン/Sophia Grojsman – There are so many things that I want to say about her. The article on Sophia in the popular perfume blog Bois de Jasmin describes the perfumer very well. In short, Sophia is a very warm person, a dynamo, and an absolute genius!

アルベルト・モリヤス/Alberto Morillas – Had I only known his creations on the market, I wouldn’t have asked him to create scents for me. I was simply drawn into his personal creations and ideas that didn’t end up on the market. What makes him unique is having a very strong style of his own and being versatile at the same time. He is wild at heart, fun to be with, workerholic, and he really loves women. I think we have a perfect recipe to be a great perfumer here.

クリストフ・ロダミエル/Christophe Laudamiel – 4 years ago (so, it’s 6 years ago.), when I first heard about a young talented perfumer with “a red Mohican,” I knew he was meant for my projects. There is a charismatic woman like Sophia in the industry, but most others look too conservative and uptight. After all it’s a luxury business, and I want to see more colorful guys like Christophe in the industry. However, that’s not the most important thing about him. The most striking thing about Christophe is his extremely innovative ideas – he is a scientist and an artist at the same time.

アニック・メナルド/Annick Menardo – As Luca Turin believes, this is another genius. She is extremely intelligent, but a bit difficult. I am madly in love with her creations, especially the one that didn’t end up on the maket called “MADONNE.” I don’t understand why no one has taken it.

ティエリー・ワッサー/Thierry Wasser – An international man of mystery… a great guy with so much talent, but so elusive to the point it’s too difficult to describe him. He is handsome and stylish, but that has nothing to do with his talent. I worked with Thierry most frequently since he understood my ideas very quickly. He is a very artistic person himself in a way classical musicians are. His powerful perfumery balanced very well with the style of my art.

ロク・ドング/Loc Dong – Loc is another ‘different kind’ among the young perfumers today. He is ambitious [good], doesn’t think he is an artist [interesting], Asian [Yes!], and might be a genius [we’ll see]. Loc still doesn’t have many solo creation under his belt, but his unique style is getting a lot of attention in the industry. I would say he will be the first Asian perfumer to be as prominent as Cavallier and Morillas in the future.

I was also asked to assign each perfumer a single perfume note that I felt best represented their personalities. I thought it was kind of a boring question and decided to give each perfumer a theme or a mission.

ソフィア・グロスマン/Sophia Grosjman: Essence of women, or Mother

アルベルト・モリヤス/Alberto Morillas: Scent for an elegant and wealthy European woman who spends time in New York City during the weekends

クリストフ・ロダミエル/Christophe Laudamiel: A Night at the Opera

アニック・メナルド/Annick Menardo: The Virgin

ティエリー・ワッサー/Thierry Wasser: He would be perfect to revamp a brand like Guerlain. (I first said this more than five years ago.)

ロク・ドング/Loc Dong: n/a (I didn’t assign him a theme since I was working on a project with him at that time.)

(By the way, LVMH/Guerlain will announce their new perfumer early next month.)

John Burnham Schwartz

In summer of 1987, I met a handsome Harvard student in Tokyo. He was staying in Japan during the summer break. I don’t remember why he wanted to visit Japan but clearly do remember what he wanted to become. He was still twenty-one or so and was in his undergraduate years. When I asked if he wanted to become a lawyer like his father, he simply replied, “No, I want to be an author.” It sounded naive, but his eyes looked determined.

We didn’t stay in touch after he had returned to the States, but I had remembered those eyes and his name ‘John B. Schwartz’ for years. About ten years ago, when I introduced myself to a woman at a friend’s party in Brooklyn, she immediately recognized that I was Japanese because of the book she had read. The story took place in Japan, and she told me that one of the characters in that book had the same name (Nobi) as mine. A few days later, when I got a copy of the book, I was grinning and laughing.

Last night we had a dinner with Ron Winnegrad (The head of IFF perfumery school) and his wife Robin. Ron has quite an interesting personal background – his father was a manager for known prize fighters, and he was babysat by them as a child. His looks and his way of thinking seem to belong to an artist rather than someone who runs a very exclusive and successful perfumery school, and of course that is why I always enjoy seeing him. I am always interested in hearing about the young and talented future perfumers. This time Ron told me about a young student from Brazil whose story reminded me of John B. Schwartz, which made me think that a real determination often appears in a very innocent manner.

Becoming a perfumer for known houses could be more difficult than becoming a successful author, but you will get there if you are disciplined and determined enough.

*****

本当の香水調香師になることは、作家として成功することよりも困難なことかもしれません。しかし、強い決心と集中力があれば、日本人であっても世界の檜舞台で活躍する道は開けてきます。

Correction and Addition

I am probably was wrong about the news on Takasago yesterday. It might be It’s Firmenich. Many rumors are circulating in the secretive industry. It’s simply fun to speculate on the rumors. The Givaudan kingdom is in turmoil (this is almost certain), and what I’m hearing seems to be the beginning of a bigger story.

Firmenich may be the one laughing in the end, but many people there, including Jacques Cavallier and Annick Menardo, must have been in tears to see Thierry Wasser leave Firmenich earlier this week.

Thierry, Google your name. This is for you.



*****

高砂が新しい調香師を獲得したというのニュースは誤報でした。この数日間、主に世界のトップレベルの調香師達の間でいろいろな噂が飛び交っています。2006年の秋にクェスト社を買収し、世界最大の香料会社となったジボダンが、この先も何人かの調香師を失うことになる模様。すでにジボダンからフィルメニッヒに2人の調香師が移籍することになっているようですが、その他に数名の有名な調香師達の今後の動向についていろいろな噂が流れています。高砂がこの機に乗じて何かの動きを見せてくれると、今後の香水業界のビジネス展開が面白くなると思うのですが…

さて、先に述べたようにフィルメニッヒの調香師ティエリー ワッサー(Thierry Wasser)が、ゲラン(Guerlain)の調香師、つまりあのジャン ポール・ゲランの後任になるというニュースには驚かされました。ゲランが正式な発表をするまでにはまだ時間があるので、詳しい話はひかえておきますが、1年程前にLVMH社が(ゲランの親会社)がティエリーにアプローチしたという話を聞いていましたから、かなり慎重な話し合いが進められたものと思われます。ティエリーのパワフルで飛び切りイカした調香のスタイルを思うと、ゲランの今後が楽しみで仕方がありません。

Damn, I Was Right!

Yo, Thierry!

I knew it, I knew it, I knew it!!

Do you remember what I predicted 3 years ago?

… man, you’re the best.

A huge congratulations !!!

Nobi

(what a day…)

*****

3年程前にフィルメニッヒ(Firmenich)の調香師ティエリー ワッサー(Thierry Wasser)に「お前は、そのうちゲラン(Guerlain)の調香師になるよ。」と言って茶化したことがありました。いやぁ、本当のことになってしまいました。6月の初旬に正式に発表されるはずです。

パフューマー(調香師)になりたい 2

(都合上、一部のことばを漢字に変換せずに「かぎかっこ」で括ってあることをご了承ください)

調香師の「しゅうにゅう」について、以下のような記述をしている日本語のサイトがありました。

『どんなに優れたパフューマーでも企業内で働くケースが多いので、収入は一般のサラリーマンやOLと大差はない。企業によっては12万円程度の職能手当がつくこともある。』

これは日本に限った場合のことなのでしょうが、いつまたってもピラミッドの上の部分が見えない状態というのも、いろいろな分野での国際的な交流が進んでいる昨今を考えると、少し寂しいことだと思います。

世界のトップレベルの調香師のほとんどが、企業に所属していることは動かし難い事実です。天才と呼ばれるジャック キャバリエだって「きゅうりょう」取り。では、いくらぐらい貰っているのでしょう? もちろん本人とフィルメニッヒの一部の人間しか知らないはずの事ですので、あくまで憶測になりますが、「にほんえん」にすると「ねんしゅう」は「いちおくえん」かそれ以上でしょう。現在ユーロが強いですから、パリを拠点にしている調香師の方がニューヨークにいる調香師よりも高い額の「きゅうりょう」を貰っているようです。

以前にこのブログで、ジボダンやフィルメニッヒの調香師になることは、アーティストとして成功することよりもずっと難しいことだというようなことを書いたことがあります。各社毎年一人か二人のジュニアパフューマーしか採用しない事を考えると(最近若い日本人女性が採用されたケースもあります)、一流のパフューマーとして仕事をできるようになる事自体が狭き門なことは間違いのない事実でしょう。知り合いのジュニアパフューマーを例に挙げると入社後3年めぐらいの「きゅうりょう」が「いっせんまんえん」ぐらい、年齢にして28、29歳ぐらいの時です。期待通りの仕事をしていくと、30の半ばにはその倍以上になるというのが普通だと思います。30の後半ぐらいからはトップレベルの調香師とはいえ、それぞれの仕事の成果にも大分開きが出てくる時期なので、「ねんしゅう」の方もかなり違いが出てくるようです。これも憶測ですが、中堅になると仕事の成果によって「にせんまんえん」以上の開きがでてくるのではないかと思われます。

シャンプーや石鹸などのトイレタリー分野の調香師というのは、香水に比べると華やかさには欠けますが、企業の売り上げの面から考えると香水以上に需要な部門である為、香水調香師の「きゅうりょう」のような開きはないようですが、平均的なレベルでの比較をするとだいたい香水調香師と同等の「きゅうりょう」を貰っているようです。

調香師の世界も、ピラミッドの上の部分になると、想像以上に良い待遇だとは思いませんか?