いまどき南フランスのグラースが、世界の香水製造の中心地だと信じている人はいないと思います。事実というのは、実際は何のロマンも感じられない場合が多いのでしょうが、今日世界の香水業界の中心となっているのは米国のニュージャージー州なのです。マンハッタンの川向こうであるニュージャージーがどのような場所か御存知の方ならば、この事実が合成香料の需要の大きさを物語っている事をお分かりになるでしょう。

それでは、グラースは昔程重要な場所ではないのでしょうか? とんでもない! グラースから供給される天然香料が、今日ほど良質で純度の高かった時代は今までありませんでした。これには勿論技術の進歩ということもありますが、それ以上に「品質改善」という事に使命を抱いたモニーク・レミー/Monique Rémy という一人の女性の功績によるところが大きいのです。80年代のはじめにシャネルのケミストであったモニーク・レミーは、毎日のように手にするグラースからの「純天然」であるはずの天然香料に合成香料が混入されている事実に疑問を持った為、偽りのない品質の香料を自分で開発する決意を持ちました。彼女は、1984年にラボラトリー モニーク レミー/Laboratoire Monique Rémy(通称 L.M.R. )という香料会社をグラースに設立することにより腐敗したグラースの香料業界に一石を投じ、僅か10数年の間に世界最高の天然香料の供給元としての地位を築いただけではなく、グラースの香料業界全体の倫理意識の改善に成功したのです。

2000年に引退をするにあたり、モニーク レミーは自分の設立した会社の将来を慎重に考えた結果、当時世界最大の香料企業であったInternational Flavors & Fragrances Inc.(通称 IFF)に会社を売却しました。現在ラボラトリー モニーク レミーは、重要なクライアントのひとつであるシャネル/Chanelの為に特別品種のバラを栽培し、そのバラから採取される香料をシャネルにのみ供給していると言えば、シャネルの香水がどれだけ特別なものなのかお分かりいただけるでしょう。ジャン クロード エレナ/Jean Claude Ellena もエルメス/Hermèsの専属調香師に就任して以来、ラボラトリー モニーク レミーに頻繁に足を運んでいるようですから、エルメスだけの為に製造している天然香料があるものと思われます。高級ブランドにとり、ラボラトリー モニーク レミーのエクスクルーシブな原材料を使っているかどうかという事は、ブランドの格付けにも関わってくることなのです。エクスクルーシブな天然香料ではありませんが、天才ソフィア グロスマン/Sophia Grojsmanが創った一番新しいバージョンの(現在販売されているもの)100% LOVE®も、ラボラトリー モニーク レミーからの非常に高価な天然香料をふんだんに使っております。少し、自慢をしてしまいました…(笑笑)

続く。。。