日本の香水好きの間でもフレデリック マルという名前は知られていると思う。ニッチ香水の王様だ。アメリカではバーニーズ ニューヨークというデパートの独占ブランドであり、共同ブランドとしてフレデリック マル アウトレイジャスという香水が昨年発表され人気を集めている。

2005年に発表されたショーン ジョンのアンフォーギバブルは今年も相変わらず好調、来年発売のアイ アム キングにも大きい期待がかけられているはずだ。

ニッチとメジャーを並べてしまったが、この二つの香水には共通することが一つある。どちらの香水もIFFが香りを作り上げ、そのオイルの供給元となっていることだ。因みにアウトレイジャスは、我が敬愛するソフィア グロスマンの作である。そして、ショーン ジョンの新作アイ アム キングは、再びIFFが香りを作ることになった。

昨年フレデリック マルがアウトレイジャスのために支払ったオイル代は二千ドルにもならなかったと記憶している。その後IFFの方に追加注文が入ったという話を聞かないので、まだアウトレイジャスの在庫は足りているのだろう。これはIFFにとっては、経理などの手間だけが掛かり全く商売にはならない注文である。フレデリック マルがディオールの創始者セルジュ・エフトレール・イシュの孫だということでもなければ、大手の香料会社がニッチブランドにオイルを供給することはほとんどあり得ない。

一方のショーン ジョン(エスティー ローダー)は、アンフォーギバブルのために毎年二百万ドル相当の量のオイルをIFFから購入しているようだ。IFFはショーン ジョンの新作アイ アム キングのオイル売り上げとして年間三百万ドル以上を見込んでいるということも聞いている。アンフォーギバブルの売り上げが、あのバーニーズ ニューヨークとフレデリック マルのコラボレーションであるアウトレイジャスの千倍以上だと思うと(非常に大雑把な計算だが…)、ニッチなどやっている事に意味があるのだろうかという気持ちになってくる。

しかしながらアンフォーギバブルが大口な注文だとしても、IFFのような大所帯で且つ世界的な企業にとり、年間二百万ドルで出来る事と言えば数名の調香師の年間の給料を払うことぐらいだ。何千人もいる従業員を喰わせていくことを考えるとちっぽけな売り上げである。ビジネスというのは大変ものだ。