調香師/パフューマー - Page 8

パフューマー(調香師)になりたい

このブログを始めてからの2年の間、日本語に訳すと以下のような質問が一番多く寄せられてきました。

『パフューマー(調香師)になりたいのですが、どうすればいいのでしょう?』

勿論、このブログは、進路相談や職業訓練とは全く関係がなく、ほとんどの場合は一個人である私が(塩谷信/Nobi Shioya)香水業界のこと限らず、最近では、本来興味のあるデザインや建築についてまで、いい加減な英語で言いたい放題を申し上げている程度の気侭なものであり、寄せられてきたメッセージに対しても、多くの場合は返事をする事を怠ってきました。しかしながら、コメントを頂いた方とブログ上でやり取りをしている間に、その相手が相当な鼻の持ち主かもしれないと感じた場合は、世界最大手の香料会社との面接をセットアップしたというようなことも数回あり、そのうちの一人は、現在その香料会社専属の調香師を養成するための学校で、調香師になるべく猛勉強をしています。また、それとは反対に、返事を怠り申し訳ない立場にあるにもかかわらず、「このブログを毎回読んでいくうちに、自分は調香師になる以外に道はないのだと確信し、現在グラース(南フランス)の学校で勉強しています。有り難うございました。」というようなメールが、アメリカ人の若い学生から届いて嬉しく思ったこともあります。

どのようにすればパフューマー(調香師)になれるか、という情報を提供した英語の文献なりウェブサイトは、不思議なことにほとんどないのでしょう。ところが、グーグルで検索してみると、この質問に対して日本語で答えているウェブサイトはいくつかあるようです。日本での細かい事情については全く知りませんが、すぐに気が付くのは、日本で調香師と言った場合はフレーバリストも含まれ、英語で perfumer(パフューマー)と言った場合とは意味が少し異なってくることと、日本にはほとんど fine fragrance perfumer(香水調香師)が存在していないことから、「調香師」と言った場合に、職業としてのイメージがかなり異なるようであるということです。そこのところの違いを踏まえて概ね正しいと思われる答えを掲載しているサイトもあります。ここでひとつ付け加えるならば、世界的に見ても、もともとの求人枠が大きくはない職種ではありますが、今後は次第に日本を含めた東アジアからの調香師の比率が増えてくることは充分に予想されます。そのようなことから、先ずは調香の世界の最先端はどういうものであるかということを、断片的でも良いから少しづつ紹介していく中で、香水業界を担っていくことのできる、才能のある日本の若い人達に出会えればと願っています。

(私がどうして、ソフィア・グロスマンやジャック・キャバリエといった、日本でも天才として知られている調香師達を知り、何故秘密主義で知られる香水業界のことを好きなように喧伝できるのかということは、今暫くは秘密にしておきましょう。)

このブログにある調香師/香水に関する全ての記事をみる

Perfumer/ 調香師(パフューマー)

この数年、Perfumer 即ち調香師(パフューマー)という職業に対する興味が、日本でも少しづつ高まってきている印象を受けますが、試しに「調香師」なり「パフューマー」という言葉を検索してみると、誤った情報が多いことに驚かされます。このブログには、アメリカ、ヨーロッパ、ロシアからの調香師に関する情報の問い合わせが頻繁にありますが、日本からの問い合わせがほとんどないというのは、英語のサイトであるから致し方が無いことなのでしょう。そうは言うもの、誤った情報があまり広まってしまっても、調香師を目指したいと考えている日本の若い人達にとっては気の毒なことですので、このブログを使い少しづつ正確な情報を提供していきたいと考える次第です。

Ao Dai(調香師 ロク・ドング)

気鋭の若手パフューマー、ロク・ドングについて述べてみました。

*****

There is something striking about the image below…

It reminds me of a fragrance that perfumer Loc Dong was working on for S-Perfume® more than a year ago. You may not have heard about Loc Dong yet, but his recent achievement is compared to that of Jacques Cavallier when L’Eau d’Issey was created. Naturally, other suppliers are now waiting for a chance to lure Loc from IFF.

I have a sweet spot for Loc Dong for many reasons, but the biggest reason is simply because he’s a god damn Asian. Loc often said to me, “I want women to feel beautiful when they wear my fragrance.” His simple statement is very powerful, just like this stunning beauty in a white ao dai.

So, why didn’t we finish the fragrance? Well, I thought his great mods should fall into the hands of L’Oreal or P&G one day, and not in mine. Loc Dong’s fragrances should be appreciated by as many women as possible, and they are simply not meant for niche markets.

aodai.jpg

via erikg.codepoet.no

Smells like fish(調香師 ジャック・キャバリエ)

tsukiji.jpg

調香師 ジャック・キャバリエと夕食をした時の話。

*****

A few years ago I had dinner with Jacques Cavallier and some other people from Firmenich at my favorite Japanese restaurant in Manhattan which he had heard about from Issey Miyake and wanted to go. Jacques had been in Japan a few times to work with Issey and seemed to have liked being there except for one thing. During the dinner Jacques told me that the smell of Japanese women’s skin bothered him when testing fragrances on them, “Their skin smells like fish.” I laughed and told him that I kind of liked it.

First, I have to say I don’t know about Japanese men because I’ve never stuck my nose to a guy to smell his skin, but I knew the subtle smell of the Japanese women’s skin that Jacques spoke about that evening. However, I’m not sure if I can pick up that smell when a fragrance is sprayed over the skin. I’m talking about a genius that appears only once in many years – Jacques Cavallier can smell many of the things that we can’t. There are a few “scent experts” trying to discredit the genius, but I have to say they either are jealous or cannot understand his sharp sense of humor, and therefore dislike him.

Anyway… what am I trying to say here? Oh right, I think most fragrances smell boring on Japanese women. Generally they have faint body odor, and on top of that they cleanse their bodies too much. When they wear fragrances they only smell like the fragrances. I’m not a big fan of Paris (I’m talking about the city) but love the way women there smell. I don’t particularly enjoy the smell in the Metro or NYC subway during summer, but the mixture of a woman’s body odor and her perfume is often more exciting than any perfume.

Basically the fragrance industry is driven by Western people who don’t know much about Japan or other Asian countries. They often say “Oh, it’s so difficult to sell fragrances in Japan,” or “The Asian market is so unpredictable.” Maybe it’s not important for them to make smash-hit fragrances for Japanese market… but think about Prada or other European fashion brands. Sometimes more than half of their revenues are coming from Japan. Fragrances could do the same as well. So Fragrance Industry, bury your noses in Japanese women and think! I wouldn’t be surprised if you guys come up with a scent that smells like soy sauce.

As we wait…

I used to make sculptures from sugar. That’s when I started to incorporate scents made by wonderful perfumers like Jean-Pierre Bethouart and Thierry Wasser in my art.

In 1999, I used 5 tons of sugar and 50 kilograms of fragrance oil for an installation in Japan. Everyday during the exhibition, 2 kilos of scent created by Thierry Wasser was sprayed on the floor. The visitors to the exhibition left with the scent on their clothes and shoes. As a result, an old downtown neighborhood in Tokyo was scented for a several block radius during the exhibition, and the scent remained for more than a year in the former rice market which housed the installation. Surprisingly, there wasn’t even a complaint, and I was still receiving messages from people who wanted the scent a year after the exhibition.

クリストフ君、おめでとう!

数年前、パトリック・ジュースキントの小説「香水 – ある人殺しの物語」の映画化が発表された時、香水を手掛けている大手化粧品会社は、こぞって映画に便乗した新しい香水の企画話を映画製作陣に持ち掛けたが、どの企画もトム・ティクヴァ監督ににべもなく断られた。

ところがつい先頃、ティクヴァ監督の出身地ドイツにて、映画「パフューム – ある人殺しの物語」が先行公開されると、ティエリー・ミュグレー/ル・パルファム・コフレなる、豪華な香水のセットが映画と合わせて発表された。このコフレの登場は、欧米の香水ファン間で大きな話題を呼ぶと同時に、クリストフ・ロダミエル/Christophe LaudamielというIFF社の(米国最大の香料会社)若手調香師の存在を一躍世に知らしめた。というのも実はこのコフレが、ティエリー ミュグレー パルファムスの発案によって誕生したのものではなく、クリストフ・ロダミエルがパトリック・ジュースキントの小説に取り憑かれる様にして、6年の間にこつこつと創ってきた香りのコレクションだったからだ。つまりこの映画が作られたおかげで、ロダミエル作の「香水 – ある人殺しの物語」のストーリにまつわる香り達が、まさに期を熟して日の目を見るかたちなったわけだ。

ジュースキントの小説の映画化が発表されると、クリストフ・ロダミエルは、真っ先にティエリー・ミュグレー パルファムスの社長、ヴェラ・ストゥルビ女史と会うことにした。時流やマーケティング ストラテジーに決して惑わされることなく、革新的な傑作を創ることで世界的に評価の高いストゥルビ女史は、ロダミエルの抱えてきたいくつもの香りを全て嗅ぎ終わると、即座に彼のアイデアを具体化することに全面的な協力をすること決めた。ミュグレー社のバックアップを取り付けたロダミエルは、彼の恋人であるドイツ人のクリストフ・ホーネッツの助けを得て、トム・ティクヴァ監督に香水の企画をドイツ語でプレゼンしたところ、今まで全ての映画関連商品の企画を断ってきたティクヴァ監督から、賞賛を受けるという幸運に恵まれて、この企画が実現することになった。

僕が初めてロダミエルと出会ったのは、3、4年前のことになるが、当時彼が夜遅くまでIFFの研究室に籠って、自分個人のプロジェクトに没頭していた頃のことを思い出す。海のものとも山のものともつかない様々なアイデアを、何時間にも渡り熱っぽく語ってくれたが、その中の一つがこうして作品として世に発表されるのを見るのは、友人として誇らしい気持ちだ。

High Performance and Exotic

slr.jpgThe unusual looking rear of the car in front of us caught Veronique’s attention when we were driving back from Marseille to Toulouse a few weeks ago. I couldn’t figure out what kind of car it was till she said “It has a Mercedes emblem and is written McLaren.” Not to say that I’m too unfashionable to recognize an exotic car, but I haven’t cared about cars since I left my enthusiasm for them behind in Tokyo a long time ago.

McLaren is a racing team based in England, best known as a Formula One constructor. The name brought back memories of the time when Honda engines had completely dominated the F1 scene season after season. I then realized that McLaren had now been using Mercedes engines for some time, and the stunning car in front of us was the byproduct of F1 Grands Prix. As the glorious rear end moved further away from us I was guessing the price – to be around 350 thousand dollars (the actual price is almost half a million!).

After we had lost sight of the glamorous car with a Swiss license plate I asked Veronique an idle question. “Is there a perfume you can compare to that car or Ferrari F40?” I just had in my mind a perfume like a prestigious car with daring style and performance that had combined the most advanced technologies and materials. Veronique’s reply was instant, “No, I don’t think so.” Since there wasn’t anything for me to do in the passenger seat I kept thinking about it… maybe it was an irrelevant comparison… what has a perfume got to do with the word performance if it’s not about higher sales figures with lower manufacturing costs?

I guess we would have to wait for something revolutionary to happen in the fragrance industry before we could catch a sniff of the Mercedes SLR McLaren of perfume, and that’s only going to happen if one of the major fragrance houses starts to “Think Different.”

I hope it will happen one day.

And the two perfumers are…

The perfumer on the left is the international man of mystery Thierry Wasser. Like Jacques Cavallier he is better known in Japan than in the US. Check out more portraits of Thierry at albertdelamour.com (choose ‘Portraits’ from the left nav bar). The perfumer on the right is Richard Herpin, a very nice guy who always attracts beautiful women.

Artureef, Shifts, please contact Made by Blog (madebyblog at gmail.com) with your mailing address. You will receive a scent which is not on the market.

Quiz 2

2perfumers.jpg
© What We Do Is Secret

If you can name these two perfumers….
… you will win a prize (undecided).

Perfumer on left: Francis Kurkdjian, Thierry Wasser, or Laurent Bruyere
Perfumer on right: Harry Fremont, Olivier Polge, or Richard Herpin